プロキオン 副作用

プロキオンを飲んで副作用はあるか?

「何とか若い頃の元気を取り戻したい!」
「夜の営みを復活させて妻を悦ばせたい!」
「女子憧れのモテオヤジになりたい!」
プロキオンの購入を考えている世の男性たちに共通の悩みですね。あなたはどうですか?

 

中高年の間で人気の精力剤プロキオンですが、毎日飲み続けないと効果は期待できません。でも、副作用が心配ですよね。

 

結論からいうと、プロキオンを飲み続けても副作用の心配はありません。

 

滋養強壮精力剤のプロキオンは、薬事法では指定医薬部外品に分類されています。指定医薬部外品は、医薬品と健康食品の中間に分類されています。厚生労働省が認可した成分を含む製品になります。

 

厚労省が効果を認めている成分が配合されていますが、医薬品ほどの即効性や治療効果はありません。医薬品と比較すると、プロキオンの効果は緩やかに作用してきます。プロキオンに即効性がない代わりに、医薬品のような副作用が無いのです。

 

マカやクラチャイダムなどの精力剤をいろいろ試してきましたが、ほとんどが健康食品に分類されるものでした。厚生省が認可している指定医薬部外品であるということは、プロキオンが他の精力剤をリード点ですね。

 

また、中高年になると血圧が高くなってきて、薬を服用している人も多くいますね。プロキオンはED治療薬ではないので、降圧剤と併用しても副作用のリスクはありません。ただ、安心の為に、一応、診察時に相談してみることをおすすめします。

 

配合成分の中では、防腐剤として使われているパラペンが、ごくまれにアレルギー性蕁麻疹を起こすリスクがあります。ただ、ごく微量なのでその確率は低く、副作用の症例も報告はされていないようです。

 

→ プロキオンの公式サイトを確認する

 

 

副作用のリスクはゼロではない!?

ネットを調べていても、プロキオンを服用して副作用がでたという書き込みを見つけられませんでした。そこで、知り合いの薬剤師に相談してみました。

 

薬剤師さんの見解

 

プロキオンはサプリメントや健康食品とは違い、効能効果を表示できる医薬部外品です。効果効能をひ表示できるという点で、副作用の可能性はゼロではありません。
そうはいっても、医薬部外品は医薬品と比較すると安全性がかなり高いので、重篤な副作用はありません。

 

精力剤のプロキオンについても、副作用の心配はほとんどいらないと考えます。

 

プロキオンはの主成分は、にんにくから抽出したオキソアミヂンです。極まれにニンニクアレルギーを発症するケースがありますが、アレルゲンとなるのはニンニクのアリシンが変化した物質なんです。

 

プロキオンはオキソアミヂンのみを配合しているので、アレルギーになる可能性はかなり低いです。ただ、アリシンがわずかに含まれている可能性も否定できないので、飲み始めてしばらくは体調の変化に注意をしましょう。

 

 

プロキオンの副作用の危険性はゼロではないけれど、服用にほとんど問題はないとのことなので安心しました。

 

それでも、アレルギーや自分の体質に合わない事も考えられるので、お試しパックがあるならまずは試しに飲んでみるのが良いと言っていました。

 

それと、医薬部外品は安全性が高いと言っても、決められた量を超えて飲むと思わぬ体調不良を引き起こすこともあるかもしれません。容量をきちんと守って飲んでいれば、副作用の心配はほとんどないよとも言っていました。

 

→ プロキオンの公式サイトでお試しパックを確認する

プロキオンの主成分「オキソアミヂン」とは?

プロキオンの主な成分は、オキソアミヂン、トコフェロール酢酸エステル、チアミン硝化物の3つが配合されています。
マカなどの他の精力剤では、様々な成分を混合していますが、プロキオンの成分はとてもシンプルですね。

 

オキソアミヂン

オキソアミヂンはニンニクから抽出された成分です。ニンニクが滋養に良いというのは、一般的によく知られていますが、ニンニクの健康成分は、あのキツイ臭いの元である「アリシン」だとずっと考えられていました。
アリシンは、血糖値の上昇を抑えたり、活性酸素を除去するなど私たちの健康にとても有用な成分です。

 

ただ最近の研究結果では、「滋養」に有用な成分はアリシンではなく、オキソアミヂンだったことが分かってきました。

 

オキソアミヂンの効能

  • 血行促進
  • 新陳代謝の促進
  • 血中コレステロールの減少
  • 便秘改善
  • 肝臓機能低下抑制
  • 疲労回復
  • 精子量の増加
  • 細胞の成長促進

 

トコフェロール酢酸エステル

トコフェロールは、ビタミンEのことです。トコフェロールは医療用にも用いられる成分で、末梢循環障害の改善や過酸化脂質の増加防止などに効果があります。

 

末梢循環障害は、毛細血管の血流が悪化している状態です。トコフェロール(ビタミンE)を摂取することで、血流の改善が期待できます。ペニスへの血流を重視して、精力剤に配合される成分です。

 

ちなみに、ビタミンEの摂取による血行促進は、頭痛や肩こりにも効きます。仕事で肩こりが続くときはビタミンEのサプリメントを飲んでみてはいかがですか。

 

チアミン硝化物

 

チアミンは、ビタミンB1のことです。ビタミンB1は、私たちの体内で糖質や脂質からエネルギーを作るために必要な成分になります。疲労回復が期待できるので、栄養ドリンクには必ず配合されています。

 

チアミンは、先ほどのオキソアミヂンと一緒に接すすることで、疲労回復の効率が高まる効果があります。

 

 

プロキオンに配合されている有効成分はオキソアミヂンで、それをトコフェロールとチアミンの2種類のビタミンが血流改善や疲労回復をサポートしているということですね。

指定医薬部外品って効果があるの?

指定医薬部外品は薬事法に基づく分類で、厚生労働省が認可します。マカやクラチャイダムなどの他の精力剤の多くは、健康食品・サプリメントに分類されています。プロキオンは、厚労省認可の有効成分を配合しており効能効果を表示できる指定医薬部外品です。

 

プロキオンが指定医薬部外品として認可されているのは、有効成分である「オキソアミヂン」が滋養強壮に効果があると厚労省が認めているからなんです。

 

ちなみに、疲労回復に効果がある「キューピーコーワゴールドA」も、オキソアミヂンを配合している指定医薬部外品です。

 

だったら、キューピーコーワゴールドでいいじゃん!と思っちゃいますよね。でも、実は配合量がプロキオンと大きく違うんです。

 

キューピーコーワゴールドAは、1に回2錠を服用します。2錠に配合されているオキソアミヂンの量は、50mgです。1日に2回まで服用できるので、1日最大100mgのオキソアミヂンを摂取できます。

 

プロキオンは200mg摂取できるので、4錠ずつ飲めば200mgでプロキオンと同じになるんですが、それダメのリスクがあります。
キューピーコーワゴールドAの1回分2錠には、カフェインが50mg含まれているんです。もし、オキソアミヂンを200mg摂るために8錠飲むと、カフェイン量も200mgに。これはカフェイン中毒を起こしてもおかしくない量なんです。

 

プロキオンの代わりにキューピーコーワゴールドAを飲むのは止めておきましょう。

 

効果があるのかないのかよくわからない精力剤よりは、指定医薬部外品は効果が期待でき安心もできますよね。

 

→ プロキオンの公式サイトを確認する